FC2ブログ

The Royal Wedding

2011.04.29 *Fri
Royal wedding良かったですねー。凄い荘厳でした。
イギリス王室の伝統の厚みは素晴らしい。Westminster Abbeyでの式典の厳かな雰囲気、厳粛さ、荘重さには、圧倒されるものがありました。

始めはジムのマシンのTVで、夕飯を挟んで、自宅のTVで、結構大部分を見てしまいました。
F1中継で良く見るJake Humphreyが戦闘機の中から中継していたのが驚きでした。確かに今朝のTwitterに戦闘機の前にいる写真が投稿されていたのを発見。

結婚式の後に、バッキンガム宮殿のバルコニーに現れて、皆の前でキスしたのは、"public kiss"って言うんですね。
バルコニー披露の後の中継でもアナウンサーが集まっている人々に「2回public kissありましたね!どうでした?」みたいなことを聞いていたのが印象的でした。BBCではダイアナとチャールズの時のバルコニー披露の映像が少し流れましたが、その時のpublic kissが初めて?みたいなことを言っていたような。それにしてもあのバルコニー披露の時に、宮殿の周りに集まっていた人の数は凄かったです。何万人もいたなぁ。

印象に残ったこと
・ウィリアムがベントレーに乗っての、バッキンガム宮殿→Westminster Abbeyの移動。やはり英国車か。
・ケイトの母のジャガーでの移動。やはり英国車か。
・エリザベス女王は、ロールスロイスの古い型。やはり英国車だ。
・王室の人達が乗る車って、屋根の前に王室紋章みたいなのが付いてるのね。目立つ。
・女王、黄色いなー。黄色多いもんなー。
・Westminster Abbeyの司祭達(映画の様な人達)
・なんといってもWestminster Abbeyでの式典
・Duke of Cambridgeになったのね
・平民が王妃候補になったのが300年ぶりとか?
・トランペットって、なんか日本だと競馬みたい
・Westminster Abbey→バッキンガム宮殿の馬車パレード。馬車凄い。後ろに続く騎兵隊もすごいなぁ。
・女王ののる馬車は屋根付きなのね。凄く良い工芸品みたいだ。乗るときに傾く仕組みなのは知らなかった。
・ウィリアムとケイトの手の振り方がとても素人っぽい。こういうの指導はないのかな。日本の皇室の振り方みたいに指をピンと伸ばしてゆっくり手を振るのでなく、二人とも小刻みに素早く振っている。カジュアルな感じ。
・式典なのに、ウィリアムやケイトは、歩き方や、歩いている途中にその辺の人と談笑したりして、カジュアルな感じ。皆カジュアルな感じ。イギリスっぽいなー。日本だったら、歩く時もしゃっちょこばって歩くだろうし、あんなおしゃべりなんかしないだろうなぁ。
・馬車の後ろの人はなんであんなつらそうな顔をしていたのだろう
・民衆インタビューでは"perfect"っていう人が多かったなー。ちなみにドレスは"simple and elegant"っていう意見が的を得ていると思った

お幸せに。
スポンサーサイト



Category : 東京ライフ

COMMENT

> ユリ
俺は別にいいとおもう笑
2011/06/16(木) 14:30:20 | URL | 著者 #- [Edit
よく、駅とかで"public kiss"してるバカップルが嫌いです!!!
2011/05/11(水) 03:01:32 | URL | ユリ #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

『競馬予想でウハウハ』は完全無料の競馬予想サイトです!中央競馬の全レースの買い目が無料で観覧可能で 充実のレース情報と高精度の予想で浮いた新聞代を馬券に使えるのが魅力です!!
2011/05/01(日) 14:18:31 | 競馬WEB事務局 [Del

プロフィール

Bond

Author:Bond
職業は悩めるインベストメントバンカー。ロンドンから帰国して早一年。日々M&Aなど行いつつ考えていることを、六本木からお送りします。F1が好き過ぎて、いつかチームオーナーになるのが夢。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ

東京ライフ (82)
ロンドンライフ (126)
ロンドン赴任準備 (2)
経済・金融・政治 (35)
投資銀行 (6)
未分類 (0)



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © 六本木より愛を込めて All Rights Reserved.
Font from あくび印  Designed by サリイ  |