FC2ブログ

This Archive : 2011年03月

脱ゆとり

2011.03.30 *Wed
脱ゆとりで中学生の教科書が厚くなるのだという。

記事はこちら

驚いたのはここ。
『内容増に伴い、過去の指導要領改訂で消えた項目が続々と復活。数学では「2次方程式の解の公式」や「球の表面積・体積」、理科では「原子の周期表」「イオン」などが再登場。英語で扱う単語数も1200語と現行より約3割増えた。』

ええー、解の公式や、周期表やイオンまで今まで消えていたのか!?

こういうのって「大人になってから使わないから不要」とか本当に言っている人がいて、その意見を取り入れる人が文部科学省にいたということなのだろうか。

大人になってから使うか否かはともかく、サイエンスの基盤に立脚して現代社会が構築されている以上、サイエンティフィックな考え方を身につけるのは、もはや人類の義務。

というか若い時は、思考力を鍛えるべきで、それには数学や理科はまさにうってつけ。

世の中、文系ばっかりになると大変なことになると思う。大体今の受験制度では数学な苦手な人が文系に行くだけなんだから…。(つっこみが入る前に訂正:そういう人が多いんだから…。)

資源もない日本、人材が宝であり、高い教育水準を付けようとするのが文部科学省の姿勢であることは間違いない。


会社で何年もリクルーティングに携わっているが、「日本の為に働きたい」とか「日本企業の価値を高めるために働きたい」などと志望動機を述べる学生が毎年とても多い。

その割に、英語もしゃべれない、日本の経済構造も分かっていない、社会構造も分かっていない、アジアの社会情勢、政治情勢、経済状況も分かっていない、そんな大学生ばっかりである。

ホントにやりたいのかよ、と思ってしまう。

(いや、なんとなく大学3年生になって就職を目の前にして、そういうことに憧れるのは百歩譲って分かる。その割にそれまでの大学生活で何をやっていたのか。)

立教高校の校長先生が言うとおり、「海を見に行く自由」を得るために大学へ行ってもいい

とりあえず、使える人材になって大学生を終えるようになって欲しいものである。

昨今、就職率が下がっているなどと報道もあるが、企業の採用担当者と、学生の間での意識のずれが結構大きいのではないかと思う。

インターンをこなすことでなく、必死に頭を使って考えて、色々チャレンジしてみて、大人力も身につけるべし。
スポンサーサイト



Category : 東京ライフ

F1 2011 オーストラリアGP決勝

2011.03.27 *Sun
今年の第一戦オーストラリアGPが終わりました。
素晴らしい!

以下思ったこと。

● 横綱相撲
ベッテル早すぎ。一周目で2秒以上の差をつけ、圧巻の走りでポール・トゥ・ウィン。レッドブルも早すぎ。マルチディフューザー禁止で失った空力を完璧に、いやそれ以上に取り戻してしまいました。
小倉さんが決勝後に「与えられた困難に挑戦していくのがF1」と言っていましたが、まさにレッドブルの卓越した開発力に脱帽です。
2010ワールドチャンピオンを獲って明らかに一皮むけたベッテル。今年は、ベッテルがチャンピオンシップをずっとリードしていくのではないかと思わせる予感を感じさせました。

● ペトロフ良く頑張った。
昨日のブログで、「クビサがいれば表彰台に絡めたのに」と書きましたが、早速ペトロフが表彰台に乗ってしまいました。素晴らしい。今年のルノーのシートが危ぶまれていた去年のペトロフの姿はもうありません。巧い。とてもうまい安定したレースコントロールで3位を獲りました。ウェルダン。
エースであるクビサを失って、精神的に「俺がやらねば」という気持ちになったのでしょうか。ともかく成長しました。

● アロンソ素晴らしい。
スタート時にバトンにちょっと外に押し出されて後退してしまいましたが、流石アロンソ。結果4位。

● マッサがんばれ
いや、ほんとに。

● ザウバー良く頑張った
まずは、8位を獲ったカムイ。アロンソとのバトルや、バリチェロのアクシデントの巧い切り抜け、などなど、全般的にやっぱり巧いですね。巧い走りをしていました。開幕戦でポイント獲得。おめでとうございます。
ペレスもワンストップ作戦をきちっとやりきって素晴らしい。ザウバーマシン、今年はかなりタイヤに優しいようですね。期待が持てます。

● メルセデス
シューミが早々にリタイアするわ、ニコはバリチェロにぶつけられるわ、でちょっと散々な結果でしたが、ポテンシャルありそうなので頑張ってほしいですね。

● 見る項目が増えた
DRS、KERS、増えたピットストップ。
レース中に見る項目が増えましたね。
画面下にある順位表示にもピットストップ回数をマークとかで出してほしいです。

● レースアナウンサーもがんばれ
分からなかったらあんまりしゃべらなくていいから…。

次は二週間後のマレーシアGP!
Category : 東京ライフ

F1 2011 オーストラリアGP予選

2011.03.27 *Sun
始まってしまいましたねー。風邪なので早く寝ようと思っていたのですが、興奮で寝れず、深夜の予選放送を見てしまいました。

以下思ったこと。

● ベッテルが早すぎる
ベッテルの予選Q3タイム1'23.529ってなんですか。2位のハミルトンが1'24.307、3位のウェバーが1'24.395ですよ。突出しすぎです。しかもKERS使わずにこのタイムを出すなんて。コースレコード更新らしい。
誰ですかね、今年のマシンは去年のマシンよりも遅いなんて言っていたのは。(世の中全員ですね。)
KERSと可変リアウィングを取り入れて、去年より早いタイムが出せるようになってしまいましたね。
ニューウェイに脱帽です。

● マクラーレンが復活してしまった
冬のテストでは低調だったマクラーレンですが、今回の予選ではレッドブルに食い込んで2位と4位に入りました。特徴的なサイドポンツーンも含めて、最後のアップデートが大きな効果がありましたね。つい先日ウィットマーシュが「我々は他より1秒遅い」なんて言っていたのに、フェラーリを抜いてしまいました。

● フェラーリのエンジン音が独特
今年は排気システムを各チーム大幅に変更してきているためか、エンジン音が随分変わりましたね。何か聞いていて心配になる音です。特にフェラーリの低い音が。

● マッサがんばれ
いや、ほんとに。

● カムイすごい
予選Q2で6位!凄い!Q3はユーズトタイヤで9位だったけれど、Q2のタイムはマッサより速かった。ホント良く頑張った。集中力が凄まじ凄い!日本に元気を与える男ですね。Q1なんて5位だったし。

● ルノー早い。
予選はアロンソに続いて6位にペトロフ。ハイドフェルドがQ1落ちしてしまったのは、ちょっとトラブルだったのでポテンシャルは不明。ペトロフは、Q1、Q2も良かったですね。革新的エグゾーストシステムを搭載したマシンの大幅進化がかなり効果的なのかなー。クビサがいれば表彰台に本当に絡めたかもしれないですね。

● HRT決勝進出不可って。。。
結局フリー走行も満足に走れなかったHRTですが、予選タイムも1分32秒台…。シーズン途中で離脱した方が良いのではないだろうか…。

● マシンカラーリング覚えないと。
結構変わっちゃったチームもあるので、一応マシンの写真をもう一回見ておかないと。

● 各マシンに日本を応援するシールが
ありがたいですね。アロンソのメッセージを聞いて、私も頑張ろうと思いました。

明日は決勝!
Category : 東京ライフ

F1シーズン2011開幕に想う。

2011.03.25 *Fri
例年であれば、呼吸困難を起こすほど興奮する季節がやってきた。
そう、F1開幕である。
F1は3月に開幕し、世界中で約20レース開催され、11月までの総合得点で年間王者を競うスポーツ。

冒頭に「例年であれば」と書いたが、今年は地震の影響でいつもと心持ちが異なる。
昨年までは、もう3月になれば興奮が高まり、初戦開幕の際は涙を流さんばかりに感極まって、シーズン開幕を見届ける。
ところが今年は、それほど浮かれていられない。

そんな被災した日本に、F1関係者からも沢山のメッセージが届いている。

【レッドブルからのメッセージビデオ】

レッドブルは世界中でエクストリームスポーツを支援しており、その選手たちからのメッセージである。

一つ思ったのは、世界で活躍したければ、最低これくらいは英語が話せなければいけないなということ。
ここに出ているスポーツ選手は、まさに世界中から(非英語圏も含めて)集まっているトップクラスの選手達ばかりで、だいたいこれくらいの英語が話せないと海外で仕事をするのは難しい。
就職活動では、TOEICやTOEFLの点数を目安にすると思うが、リクルーティングをしていると、テストの点と実際の現場での英語力にはあまり相関がないような気がしているので、このビデオくらいの会話が難なくこなせるかどうかが、海外で働きたい人にとって良い目安になるのではないかと思った。

【フェラーリ】
Ferrari for Japan
http://www.ferrari.com/English/Formula1/News/Headlines/Pages/110325_F1_Ferrari_for_Japan.aspx

オーストラリアでは、上記リンク先にある通り、マシンのノーズ下の部分に「ガンバレ!日本」という日本語と、日の丸をつけて走ってくれる。
イタリアの名門フェラーリが、日の丸を付けて走るなんて。。。
見つけた時思わず画像を保存してしまった。

【日本のモータースポーツ界】
義援金サイト。SAVE JAPAN
http://www.js-style.com/savejapan/index.html

F1解説も勤めるスーパーGTの脇阪寿一さんが開設。小林可夢偉も賛同。


などなど、あらゆる所から、沢山の応援が寄せられている。
トゥルーリもオーストラリアGPでは、日の丸をあしらったヘルメットを着用する予定だし、他にも主だった選手が日本向けメッセージを各所で発している。


被災地に想いを寄せつつ、F1 2011を見守っていこうと思う。
Category : 東京ライフ

大地震四日目の所感と、株価への影響。

2011.03.15 *Tue
・東京電力の輪番停電の件
輪番停電の件で、東京電力のことを責めている人がTVでもいるが、どうかと思う。
緊急事態が起こっている中で、供給不足と需要超過をどう回避するか必死で計算して、オペレーション体制を確立して、やっと月曜日の輪番停電実施体制を作り上げたのだと思う。
東京電力のことであるから、当然のごとく、コンティンジェンシープラン(緊急時対応計画)は作ってあったことだろうと思うが、送電線の確認や、原発問題への対応など複数の問題に対応しつつ、輪番停電体制をまとめ上げるのは不眠不休の作業だったに違いない。必死の作業と責任感で、なんとか電力が突然ダウンして都市機能が麻痺することのないように、対策をまとめてくれたのだ。
仕事が滞るとか、閉店準備していたのに結局停電しなかったとか、そんなコメントをわざわざ言わせて、TVで流す必要があるのか?
そんなに責めないで良いではないか。
東電の対応に感謝こそすれ。

・原発の件
目下、次の災害の可能性が最も高いのは福島第一原発である。
現場の作業員の方々は、被曝を続けながら、懸命な作業で、最悪の事態を回避しようと仕事を続けて頂いている。危険な原発施設の中で作業を遂行する使命感、責任感にはただただ恐れ入るばかりだ。

・公共広告機構
大地震当日より民放は一切のCMをカットして特番体制を取ってきた。
こんな特番に能天気にCMを出したいという企業はいないであろうが、さりとて、報道事業が黒字と赤字の間をいったりきたりしているような民放各局は大変だろう(とくにTBSとか)。
と思っていたら、今日は、随分公共広告機構・ACのCMが流れていた。地震に関係ない内容でも。
こうやって政府がお金を入れているのか、と思ったら違っていた。
ACには公的な資金は一切入っていないらしい。しかも収支計算書を見てみると、収入はわずか3億円しかない。半分強が会員からの会費。会員は、日本企業千数百社だ。会費は一口年間12万円。半分弱が「支援キャンペーン制作費収入」。詳細は不明。貸借対照表に至っては8千万円しかなかった。ほとんどが現預金と積立金。
ということは、ACのCMを放送してもテレビ局にお金は入らないのだろう。

・株価
不謹慎ながら最後に経済への影響の話。

昨晩までに考えた株価への影響は以下の通り。

(1) 株価が下がると思っていた企業:
(1-1) 東北圏を主な商圏とする企業 (東北の地場スーパーや、地場学習塾、東北電力など)
(1-2) 地震の被害を受けた企業 (工場火災のあったコスモ石油、多くの基地局が壊れたであろう通信各社、東北に鉄道網を持つ鉄道各社、コンビナート火災のあった鉄鋼各社、東京電力)
(1-3) 電力不足などaftermathの影響をうける企業 (東京電力営業圏内にある鉄道各社、やり玉に挙げられうる原発関係会社)

(2) 株価が上がると思っていた企業:
(2-1) 建設 (特に東北に強いところ)
(2-2) 鉄 (製鉄所に影響があれば株価への影響は相殺。需要は上がるはずだが。)
(2-3) セメントなどの建材
(2-4) 石油系


実際はどうだったかというと。。。(数字は金曜日終値比)

(1-1) 東北地場会社
ヨークベニマルのような会社を想定していたが上場企業が思いつかない。東北の地銀は以下。
- 東北銀行 -24%
- 岩手銀行 -14%
- 七十七銀行 -12%

やはり大幅に下げた。店舗網の被害率も高いであろうし、商圏はぼろぼろ。担保の不動産価値も一気に下落。貸し倒れも大量に発生し、今後の不良債権比率の上昇は恐ろしいばかり。統合するか、吸収されるか、国有化される可能性もあると考えられる。

(1-1) スーパー(全国型)
- イオン -6%
- イオン北海道 -11%
- セブン&アイ・ホールディングス -4%

下がった。北海道エクスポージャーの高いイオン北海道は下げ幅が大きい。

(1-2) 通信会社
- NTT -5%
- NTTドコモ -5%
- KDDI -3%
- ソフトバンク -5%

やや下がった。商圏の広さが下落率の小ささに反映。

(1-2) 火災の発生した企業
- コスモ石油 -22%

なんと、まだ火災は燃え続けているらしい。四日市、堺、坂出、千葉の4つの製油所のうち最大精製能力を持つ千葉がこれで使えなくなる。全体の精製能力の40%分。これは痛い。。。基本的に国内の石油元売り各社の精製能力は需要を上回っているので、国としては供給不足にはならないと思うが、コスモ石油への影響は大きい。近隣への補償などはどうなるのか?また解体などの除却損・廃棄損が大きく出るものと思われる。

(1-2)(1-3) 電力
- 北海道電力 -4%
- 東北電力 -21%
- 東京電力 -24%

大幅に下がった。やはりTVで繰り返し映像が流され、イメージが湧きやすかったと思われる。

(1-2) (1-3) 鉄道
- JR東日本 -18%
- 東京急行電鉄 -6%
- 東武鉄道 -4%
- 小田急電鉄 -3%

東北地域を広くカバーするのはJR東日本。株価も大きく下がった。

(1-3) 原発関連
- 東芝 -16%
- 東芝プラントシステム -27% (福島第一の建設に関与)
- 日立 -16%
- 三菱重工業 -10%

M&Aも活発に今まで発生してきた原発関連企業。大きく下げた。

(2-1) 建設業
- 飛島建設 +83%
- 東洋建設 +63%
- 熊谷組 +48%
- 鹿島 +22%
- 大成建設 +20%
- 清水建設 +11%
- 大林組 +11%

分かりやすく上がった業種。上3つは東証一部ながら時価総額が大きくない。鹿島以下が大手建設会社。東証二部の建設会社には100%を超える企業も。

(2-2) 鉄
- 新日鉄 -5%
- JFE -6%
- 神戸製鋼所 -6%

鉄鋼需要より、製鉄所の被害の方が大きく影響した。

(2-3) 建材
- 太平洋セメント +21%
- 住友大阪セメント +8%

太平洋セメントの株価の上昇は凄い。

(2-4) 石油
- 出光 -3%
- 東燃ゼネラル -4%
- 昭和シェル +1%

やや下げた。製油所の問題か。

(その他) 生命保険
- 第一生命 -19%
- T&Dホールディングス -13%

生命保険の下げも凄い。これは今日「下がる」と話していた業種。

(その他) 損害保険
- 東京海上ホールディングス -12%
- MS&ADホールディングス -9%

損保の下げも当然激しい。地震保険は、政府が再保険をかけて負担をシェアするが、それもいくらに上るのだろうか。
Category : 東京ライフ

Japan quake

2011.03.13 *Sun
BBCもCNNもずっと日本の地震の報道を流している。

BBCは、Japan quakeやJapan aftermathという番組名で色々な映像を流している。そういえばTsunamiって海外で通じるんだなと改めて思った。
CNNは、さっきJapan's fear about nuclear meltdownというコーナーが始まって原発問題について専門家の解説が始まった。

福島原発の爆発事故については、BBCでもCNNでも爆発したときの映像を流している。
思っていたより大きな爆発だった。
結構色々吹き飛んでいる。

この映像って日本の民放で流れていただろうか?単に見たことがないだけか?
報道規制があるのか。

全体的にBBCの方がショッキングな映像が多い。

地震の影響で、本州が2.4メートル動いたとのこと。

また安否不明が10,000人超とのこと。祈るしかない。

民放のヘリの音って、救助活動に邪魔じゃないのかな。がれきの下に埋まった人の声とか、携帯電話の音とか聞こえなくなる気がするんだが。

ドイツなどからは既にレスキューチームも到着したとのこと。うまくco-workできることを祈る。
Category : 東京ライフ

大地震に思う

2011.03.12 *Sat
東北地方太平洋沖地震が昨日発生した。M8.8だそうだ。

地震の瞬間は会議室にいた。いつも通り「すぐ地震止まるかな」と思ったものの、なかなか揺れが止まらない。そのうちどんどん大きくなってきた。1分経っても2分経っても揺れは止まらず(これはビルの耐震設計上の仕組みか?)、「こんなことしている場合じゃない!」とのことで荷物を持って階段で外へ。ビルが崩れてきたら困るので、なるべく遠くへ。

途中で余震も来た。とりあえず営業しているコンビニに飛び込んで、飲み物と食べ物を買う。もしかしたら今夜からはサバイバル生活だ。

家族とは地震直後にメールが出来たので、無事は確認された。しかし、やがて携帯電話も携帯メールも、ブラックベリーもiPhoneも繋がらなくなった。

皇居・国会・首相官邸あたりなら安全だろうと思い、そちらに移動する。高い建物もないし、さすがに国家予算をつぎ込んで、大震災に耐えうる構造になっているだろう。途中の道端にあった地図によると、「地震があっても大火がこない地区」に指定されているとのことで、やはり安全そうだ。

そのうち雨は降ってきたし、電話もメールも繋がらないし、タクシーも電車も捕まらないし、ということで、仕事も今日の分は問題なさそうだったので、徒歩で帰宅。

こういうとき都心に住んでいるのはありがたかった。
家に帰れない友人・知人を迎え入れようと思ったものの、電話が通じない。

TVニュースをつけてみると、津波の被害が凄いことになっている。
車、コンテナ、家が津波で流される。
津波って、普通の波と違って、高い水位がずっと押し寄せてくるということが分かった。押しては返すわけではない。

帰宅途中にも窓ガラスが割れたビルや外壁が少し剥がれたビルを見つけた。

マンションに帰ると、各部屋にあるスピーカーから緊急災害放送が流れていた。フロントのアナウンス(余震の震度情報や、エレベーター復旧状況)に加えて、NHKラジオがずっと流れていた。そのうちフロントから電話がかかってきて安否や部屋内の被害状況を聞かれた。しっかりした管理体制だった。ありがたい。聞くと、関東大震災までは耐えられる構造とのことだが、今回の地震が近くで発生したら関東大震災どころではないんだろうな。

ところで、帰宅途中に立ち寄った2箇所のコンビニの店員さんや、このマンションのフロントスタッフの方々は働いていたのだ。家族や親戚が心配だろう。こんなときでもライフライン確保やサービスのために働いてくれて本当に本当にありがたい。感謝。

部屋に入ったら、ナップザックに食糧と水と携帯の充電器を詰めて、玄関においておいた。ダウンジャケットも一緒に。何かあったら逃げねばなるまい。

やがてTVで速報が流れ、福島の原発から放射能漏れの危険性が指摘された。

家の周りは深夜1時を回っても渋滞だった。六本木通りの方も見に行ってみたら、車がぎっしりで全く動けなくなっていた。1分10センチくらいだった。歩いて渋谷方面に向かっている人達が大勢いた。

みるまにTVが伝える死者数も増えていった。数百人の溺死体発見というニュースもあった。
被災地の方々の無事を祈る。

Lady Gagaが地震から24時間も経たないうちに「WE PRAY FOR JAPAN 日本の為に祈りを。」と書いたリストバンドを販売し始めた。収益は被災地に寄付されるという。インターネットで2つ買った。リストバンドが1つ5ドル。寄付を10ドル付けて、20ドルだった。リストバンドが送られてくるのは3月下旬とのこと。

部屋から東京タワーが見えるのだが、先端が曲がっている。一番先端の細い部分の上半分くらいがくにゃと曲がっている。

今から出かけるので、あとで何点か写真もアップしようと思う。
Category : 東京ライフ

ベトナム紀行③ ホーチミン戦争証跡博物館

2011.03.09 *Wed
ホーチミンでは、戦争証跡博物館(War remnants museum)に行った。

IMG_1068_sml.jpg

ベトナム戦争で使われた兵器や、ベトナム戦争の写真が展示されている。

IMG_1062_sml.jpg

ベトナム戦争は、ソ連・中国が支援していた北ベトナムが、アメリカ・フランスが支援していた南ベトナムを制圧した戦争である。10年以上の長きにわたり行われた。
当時の北ベトナムの指導者がホー・チ・ミンであり、ゲリラ作戦などで南ベトナムと戦ったのが南ベトナム解放民族戦線である。

北ベトナムが勝利したため、当然北ベトナムに良いように、歴史は書かれる。

以下は、博物館の最初のところにあった、物凄い皮肉。
まずベトナム語と英語でアメリカ独立宣言前文が掲載されている。「全ての人間は平等に造られている」「生命、自由、幸福の追求」などが謳われている有名な文章である。

そして、そのすぐ右からは、アメリカ軍がベトナム人民に行った残虐な行為の写真が延々と続く。

IMG_1070_sml.jpg

写真が伝える光景は悲惨だ。
銃殺する直前の家族の写真や、拷問を加えている最中の写真がこれでもかと展示されている。
これを見れば、誰でもアメリカに嫌悪感を抱いてしまうだろう。

以下はピューリッツァー賞を撮った有名な写真。

IMG_1072_sml.jpg

以下は、アメリカ軍が散布した枯葉剤の影響で死滅した森の中を裸で歩く少年の写真。

IMG_1082_sml.jpg

上と同じカメラマンが戦後しばらくたって、その少年を捜しに行って撮った写真。
少年は、枯葉材の影響で、重い障害が出た。
後ろで支えているのは、妹。ちなみに同じ場所らしい。

IMG_1083_sml.jpg

更にその数年後に、再度カメラマンが取材に行った時の写真。
少年は父となった。傍らで父を支えているのが息子。

IMG_1084_sml.jpg

以下は、「アメリカはベトナムから手をひけ」と書いた『反戦ゼッケン』をつけて日本で8年間通勤した金子徳好氏の写真。
ちなみにデスノート映画版や、うる星やつらのTVアニメの監督をした金子修介氏の父。

IMG_1086_sml.jpg

以下は、北ベトナムを応援していた当時のアカハタ新聞ニュース。
当然だが、やはり共産党。

IMG_1087_sml.jpg


視点は偏っているかもしれないが、凄惨な写真の数々はかなり見ごたえがあった。

ちなみに、戦争証跡博物館の様子は、You tubeでも見れる
Category : 東京ライフ

ベトナム紀行② ホーチミンのバイク

2011.03.09 *Wed
ホーチミンはバイクが多い。。。
歩行者なんていないと言ってもいいくらいだ。
一人一台バイクに乗っており、その数や凄まじい。
道路も多数のバイクの海の中に車がのろのろと進んでいるような有様だ。

IMG_1090_sml.jpg

以下がホーチミンにいた時に日本の友人に送った携帯メールである。
-------------------
いまベトナム南部のホーチミンにいます。
30度あって超あついです。
町にはバイクが沢山走っています。しょっちゅう近寄ってきて「どこか連れていってやる」といいます。辟易します。
町で声をかけられるときは大抵英語です。日本語率は低いです。
-------------------

このメールの通り、ホーチミンでは10メートルおきにバイク(写真のような小さいバイク)に声をかけられた。
「なんだ、うざいなー」と思っていたし、「こんな手口にひっかかる奴いるのかなー」と思っていた。

ところが、その後ベトナム在住日本人に話をしたら、なんと彼らは『バイクタクシー』なのだという。
このバイクの後ろに乗って、運転手にしがみついて移動するタクシーである。

まじかー。

ちなみに旅行者は変なところに連れて行かれることもあるそうなので、あまりお勧めではないとのこと。
Category : 東京ライフ

ベトナム紀行① ホーチミン街中面白フォト

2011.03.09 *Wed
ベトナム旅行、まずはホーチミンに行った。
ベトナム南部。気温は30度以上。商業の街。湿度も高く、むしむししたまさに東南アジアの空気を感じる街だった。

■ ドラえもんのレストランを発見
和食と言えば、ドラえもんなのか。

IMG_0921_sml.jpg

■ AKB
ベトナム在住日本人向けの週刊誌『週間Vetter』というのが、2010年の12月に創刊したらしい。
表紙は、AKBだった。
日本にいてもあまり民放を見ない私より、ベトナム在住邦人の方が芸能に詳しい可能性が高い時代。

IMG_0915_sml.jpg

■ フランスの薫り
ベトナムは以前フランスに統治されていた。
写真はホーチミン(旧サイゴン)の中央にあるサイゴン大教会。レンガはフランスから運び込んだそうである。
ちなみにこの教会の周りは客引きが多く、とても落ち着ける場所ではない。

IMG_0937_sml.jpg

■ 旧大統領官邸
かつての南ベトナムの大統領官邸。現在は統一会堂と呼ばれ内部が観光向けに開放されている。

IMG_0938_sml.jpg

■ 戦時中
旧大統領官邸の地下にある、戦時中の大統領の指令室。他に戦時中の大統領寝室や、無線室や多数の司令官室があった。



■ 南ベトナム黄金時代
旧大統領官邸の中で一番豪華な部屋。国書提出室。外国の大使などが来て、ここで国書を大統領に渡したのだという。

IMG_0965_sml.jpg

■ 象
大統領ファミリーの居住エリアもあり、そのあたりに飾ってあった、象の足。
象の足の飾り物って凄いな。

IMG_0971_sml.jpg

■ ラクサ
打って変わって、シェラトンサイゴンホテルで食べたラクサ。

IMG_0926_sml.jpg

■ フォー
打って変わって、空港で食べたフォー。本場!

IMG_1136_sml.jpg

■ 冬虫夏草
空港で売っていた冬虫夏草。こういうもの売っているんですなぁ。

IMG_1140_sml.jpg

■ 燕の巣
同じく空港で売っていた高級食材燕の巣。たしかにタイなどの東南アジアが主要産地のはずだ。

IMG_1142_sml.jpg

Category : 東京ライフ

プロフィール

Bond

Author:Bond
職業は悩めるインベストメントバンカー。ロンドンから帰国して早一年。日々M&Aなど行いつつ考えていることを、六本木からお送りします。F1が好き過ぎて、いつかチームオーナーになるのが夢。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ

東京ライフ (82)
ロンドンライフ (126)
ロンドン赴任準備 (2)
経済・金融・政治 (35)
投資銀行 (6)
未分類 (0)



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © 六本木より愛を込めて All Rights Reserved.
Font from あくび印  Designed by サリイ  |