FC2ブログ

This Archive : 2009年10月

オックスフォードストリートにクリスマス準備

2009.10.17 *Sat
オックスフォードストリート沿いに住んでいます。

別にオックスフォード大学があるわけではありません。ロンドンの中にある、かなり大きな通りの一つで、休日には観光客でごったがえすような通りです。

最近、帰宅時にいつも工事していて、タクシーでかなり遠回りをして帰ってこないといけませんでした。

私 「なんで毎日工事してんのさ?」
タクシーの運転手 「あー、いまクリスマスの飾りつけしてるんだよ。」

そうなのです。全ての車を夜間封鎖して、オックスフォードストリートには、クリスマスの電飾設置が進んでいます。
今週、ついに私の家の前にまで、電飾が付きました。
道の両側に10メートルおきくらいに照明灯があります。その間にすべてかなり大型の電飾が付いています。
まだ光ってはいないのですが、光ったら写真に撮ってアップしたいと思います。

去年は、クリスマスの直後にロンドンに来ましたが、今年のクリスマスシーズンはロンドンにいると思いますので、ロンドンのクリスマスを楽しみたいと思います。

その前に、今月末は、ハロウィン!
仮装して会社に来いとか言われたらどうしよう。


スポンサーサイト




ブログ書きます。

2009.10.17 *Sat
前回のブログに対して、メールもらったり、コメントもらったり、と、こんなブログですが、「書き続けてよ」という声を結構もらったことに、励まされ、引き続きこのまま続けようと思います。

わざわざ書かなくてもいいかなと思ったのですが、いろいろご連絡頂いたので、お礼を兼ねての一言です。


Blog知られ過ぎ。

2009.10.09 *Fri
このブログの皆様を分類してみると、
(1) 僕の事を知っていて、あなたがこのブログを見ているであろうことを僕が知っている
(2) 僕の事を知っているけど、あなたがこのブログを見ていることを僕は知らない
(3) 僕の事を知らない(知っているけどこのブログの著者だと気づいていないケースも含む)
に分けられると思います。

もともと、前のブログは、高校、大学時代の友人向けの近況報告みたいなものでした。greeやMixiでつながっていたリアルの友人向けの。なんか当時は皆やっていました。

このブログは匿名になっていて、前のブログには名前が出ています。
そのため、このブログから昔のブログにはリンクが貼っていません。
前のブログを久しぶりに見てみたら、F1とお笑いの話ばかり。今と変わりません。
あ、かたい話はあまりなかったです。もっと面白い話を書こうという意識があったと思います。

さてさて、ブログはそのうち大学の後輩などに広まっていったものの、「まぁ会社の人達には言わなくていいや」くらいに思っていたら、もちろんgreeでつながっている会社の人もいるわけで、気が付いたら、自分と同世代か後輩達のほとんどが知っているような状況になりました。

うーむ。
「会社の人に知れ渡ったらこのブログやめます」と言っていたものの、どうしようかな~。

と思いながら、昔のブログにも同じことが書かれていました。
2007の7月にも同じことを書いていつつ、結局今まで続けている、そんなブログです。

実は日本経済ちょー面白いじゃん

2009.10.08 *Thu
いつも政治の話題ばかり書いていますが、私がそれ以上に興味と関心を持って、日々眺めているのは日本経済です。
最近は面白い話題が盛りだくさんで本当に面白い。

ただ、仕事の関係で、だいたいの面白い事例には、うちの会社が何らかの形で関与しているため、深い話が書けないのです。ご存知の通り、私自身は、ロンドンで欧州企業向けにM&Aのアドバイザリーをやっているため、東京オフィスが何の案件に関与しているかどうかすら、全てを把握しているわけではありません。が、もし会社として関わっていたりした場合、たとえ私が担当していなかったとしても書けません。

というわけで、最近ニュースなどを賑わせた事例について、以下にリストアップしてみます。
リストアップするだけに留めておきますが、これらは、資料を読んでいるだけで、すごく時間がたつくらい、いろいろと掘り下げて考えることができて面白いです。

・アイフル
事業再生ADR、債務返済猶予

・ウィルコム
事業再生ADR、企業再生支援機構

・JAL
事業再生、事業売却、国主導の再生

・トライアイズ
監査役の社長糾弾と会社側による解任

・トヨタ
ブランド価値

・電気自動車
バフェットが投資した中国の電気自動車メーカーと日本の自動車メーカーの関係

・ユニクロ
パリ店開店と海外進出計画

・半導体メーカーの今後

・地銀再編
いくつかの合併や株式移転

・証券再編
日興を中心とした様々な動き。大和の今後


などなど。

眠いのでこのへんで。。。

日本の新しいガン、亀井静香金融担当相

2009.10.07 *Wed
頂けない。どうにもうこうにも頂けない。

亀井金融担当相のほとんどの発言が頂けない。

先日、国民新党は、Postal partyという政党名に変えた方がいいのでは?と言ったばかりだが、日本語名もぜひ「大企業大嫌いですよ党」「庶民の味方ぶってます党」「経済成長とか興味ありません党」「グローバルビジネスとかどーでもいんです党」に変えて頂きたいところである。

この時期に、借金の返済猶予制度(モラトリアム制度)なんか導入したら、日本は世界の笑い物である。

氏、曰く、
「金融機関の資金繰りに問題が生じたら、国や日銀が面倒を見ればいい。金融機関には至れり尽くせりの制度だ。」


貸金業法の改正にも力を入れている。

氏、曰く、
「銀行などが、企業に低利で融資すればいい話だ。」


いまどき、内部留保を取り崩して社員を守る経営はありえない。

氏、曰く、
「ため込んだ内部留保をそのままにしといて、リストラをやっている。人間を人間扱いしないで、自分たちが利益を得る道具として扱っている。」


現在日本をリードしているような会社は、どこの会社も、まともな会社であればあるほど、危機感を強く持ち、生ぬるい手法は取っていられない。そして、社会問題の原因になるというのはおかしな話である。

氏、曰く、
「改革と称する極端な市場原理、市場主義が始まって以来、家族の崩壊、家族間の殺し合いが増えてきた。そういう風潮をつくったという意味で、(経団連に)責任がある」


モラトリアム制度で、返済猶予した債権は明らかに注意先債権に区分されてしかるべきである。なぜなら返済するのが厳しいから猶予するわけである。先のG20で確認されたように、厳しく正常先ではなく、注意先に振り分けるべきである。銀行の資本は劣化する。当然である。

氏、曰く、
---
金融界から「日本の金融機関の信頼性を損ねる」といった懸念が出ていることについて、「おかしいとは思わない。(外資も)『郷に入れば郷に従え』だ」と述べた。
---


金融素人大臣の活躍が楽しみである。

Yahoo!ニュースがつまらない

2009.10.04 *Sun
もはや、社会人が必ず読んでいるニュースは、日経でもなく、Yahoo!ニュースであることはご周知の通り。
日経は内容も面白くない(鋭くない)し、間違っていることだってあるし、人を小馬鹿にしたような小学校のテキストのような文章も見受けられる。
(ちなみに、日経の雑誌も文章がつまらない・・・。)

それでも、社会人が読む新聞として、安定した購読者数を保ち、「社会人なら読んでいなきゃ」という雰囲気は十分にある。日々のアップデートとしてさっくり読んでおくのはいいと思う。

ところで、実際に「こんなニュースありましてね」という話をしたときに、「あー、見ましたよ、それ」という話になるのは、若い人であれば、Yahooニュースの方が圧倒的に多い。
いまや日本一のメディアはYahooニュースなのではなかろうか。

そんなYahooニュースであるが、最近とんと記事がつまらない。
もちろん色んなソースから引っ張ってきているだけなので、元ネタがつまらないと言った方がいいのかもしれないが、更新頻度も低いし、ニュース選択のセンスがない。
経済系なら、Googleニュースの方が読み応えのある記事を拾ってこれるし、別の意味で読みごたえのある記事なら、Livedoorニュースの方がよっぽど面白い。

スタンダードになりすぎて、つまらなくなったYahooニュースは今後どうなるのか。

---
(以下はまた性懲りもなく、F1の話ですのでお好きな方だけどうぞ。)

さて、今日の一言言いたい、Yahooニュースは、『トヨタ悲願の初Vならず…ベッテルが優勝/日本GP』と『トヨタ勢2位、日本で初の表彰台…日本GP』である。

本日、10月4日の日曜日は日本の鈴鹿サーキットで、待ちに待ったF1日本GPが開催されたのだが、それを伝えるニュースがこのミスリーディング・・・。
F1ファンとしては非常に「そーじゃないよ!」と言ってみたい記事である。

「トヨタ悲願の初Vならず…ベッテルが優勝/日本GP」は、そもそもタイトルが「トヨタ、地元日本で初表彰台…優勝はベッテル/日本GP」の方が良い。

トヨタが、F1初優勝を狙っているのはもちろんなのだが、今の状況のトヨタに優勝を狙うのは難しい。今年前半は良かったけど、後半はいまいちだし。ところがやはり鈴鹿ということでマシンにアップグレードを投入して、予選もかなり軽い燃料で走って、頑張って2位!素晴らしい!

「トヨタ勢2位、日本で初の表彰台…日本GP」は、トゥルーリはスタートに関して、失敗したわけじゃなくて、KERSの力。あれは織り込んでいたはず。ベッテルはうまくハミルトンをガードしたし、その後の走りもすごく良かった。
トゥルーリが37-39週目あたりで、二回目のピットに合わせてちゃんとラップタイムを上げられて、40週目でハミルトンの前に出られてたのはほんと素晴らしい。
あと「フェテル」っていう呼び方は何さ?ドイツ語読みだとフェテルだろうけど、国際的にベッテルで固まっているし、そもそも日本国内での呼び方はベッテルはもう固定されたものだと思っていたけど。毎日新聞のセンスがよくわからない。

ところで、一貴は何をやっているのだろう。このままノーポイントで終わったら、来年からF1に復帰できなくなるのではなかろうか・・・。

プロフィール

Bond

Author:Bond
職業は悩めるインベストメントバンカー。ロンドンから帰国して早一年。日々M&Aなど行いつつ考えていることを、六本木からお送りします。F1が好き過ぎて、いつかチームオーナーになるのが夢。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ

東京ライフ (82)
ロンドンライフ (126)
ロンドン赴任準備 (2)
経済・金融・政治 (35)
投資銀行 (6)
未分類 (0)



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © 六本木より愛を込めて All Rights Reserved.
Font from あくび印  Designed by サリイ  |