FC2ブログ

This Archive : 2009年08月

Googleマップが日本語対応

2009.08.28 *Fri
今まで、Googleマップで海外の都市をみると、地名は全て現地語表記でした。

それが、数日前から、突然日本語表記になりました。
私が住んでいるボンドストリート近辺も、御覧のように、通り名が日本語表記です。

ただ、イギリスやアメリカの場合は、カタカナより、英語表記の方が、個人的には便利かなと思います。

だって、読めるし・綴りがわかるし、そうすれば現地の地図と比べられるし、と。
まぁ、英語版が、Google.co.ukのMapで見れるので、たいした問題はありません。たまには読み方を確認したくなることもあるかもしれません。

便利なのは、中東とかの国の場合。

いままでは、アラビア語とかで地名が書かれていて、まったく読めませんでしたが、これはカタカナになると読めるようになりました。

ああ、ここがカラクかぁ、とか。
ああ、ここがベイト・エッディーンかぁ、とか。。。。


うーむ。
読めても、どこだか分からん。。。
スポンサーサイト




投票してきました

2009.08.25 *Tue
衆院選の投票をしてきました。
ロンドン在住の私は、在外投票です。

在外選挙人名簿への登録に時間がかかるので、今回の総選挙を見越して、間に合うように申請を済ませておきました。

すると、郵便投票セットが送られてきて、自分の最終居住地の選挙管理委員会にエアメールで送ることになります。
在ロンドン日本総領事館で投票することもできるのですが、そのために必要な在外選挙人証がまだ手元に届いていないので、今回は郵便投票することにしました。



これが先週届いた郵便投票セットです。
EMSで届きました。

P1010636_sml.jpg

中には、このように返信用封筒(上の茶色)、比例代表投票用紙(左下のうすい水色)、小選挙区投票用紙(右下のピンク色)が入っています。
それぞれ投票用紙に記入して、小さめの封筒にいれて、大きめの封筒にいれて、それを返信用封筒に入れるようになっています。

さて、今回は難しい投票です。
私の場合は、東京都港区に登録されているので、選挙区は、東京1区です。
マスコミで花の1区対決といわれて、混戦模様になっている選挙区です。

小選挙区の対立は、自民党の与謝野馨 VS 民主党の海江田万里です。
前回の郵政選挙で圧勝しながら、劣勢に立たされ、この前、出陣式でめまいを起こしてふらついた姿が全国にさらされた与謝野氏。おじいちゃん・おばあちゃんは与謝野鉄幹・晶子。総裁候補と言われた男。
そして、前回比例代表での復活もできないほどに大負けしながらも、民主党の風にのって復活を狙う海江田氏。全国区の知名度を活かして、議席を狙えるか。

そして他の候補者として、又吉イエスでおなじみの又吉光雄氏や、日本スマイル党総裁のマック赤坂氏もいらっしゃいます。

ちなみに、立候補者の方は住所が開示されるのでいいと思いますが、私、以前マック氏と同じマンションに住んでおりました。。。
ブログを見ると、今後の政治活動の欄の演説内容の箇所に、政策の提案の他、歌(尾崎豊、植木等)、ダンス(スマイルダンス、スマイルビクス) と書いてありますね。興味があります。。。

比例代表は、自、公、民、社、共に加えて、国民新党、新党日本、みんなの党、幸福実現党があります。

それで、投票用紙に記入して、月曜日にPost officeに行きました。
国際航空郵便は2種類。AirsureとAirmail。Airsureなら、2-4日で到着するはずなので、金曜日までには選挙管理委員会について、日曜日の投票には間に合うことでしょう。
日曜日の8時までに投票所につく必要があります。それを過ぎると無効となってしまいます。

しかし、予期せぬ小さなトラブル。
郵便局員「あー、なぜだか、今Airsureは、unableになってるんだよねぇ。Airmailだけだよ。」
Airmailだと3-5日なので、到着するのかギリギリ。5営業日かかってしまうと間に合わないかもしれません。大丈夫でしょうか。
とにかく急いでいるんだ、というと、特別な方法があって、「ちょっと」早くつくと言われました。しかし、58ポンドくらいするとのこと。つまり、1万円くらいすることになってしまいます。
うーむ。結局、Airmailの可能性にかけてみました。

無事に届け。

水中毒

2009.08.22 *Sat
とにかく、水を飲む。

一日4リットルくらい水を飲む。

子供のころから水分を良く取っていた。
高校時代は一日3本、500ccの爽健美茶のペットボトルを飲んでいた。

日本にいたころは、2Lの森の水だよりを一日二本飲んでいた。(会社にあったから)

最近は、朝買う2Lのボルビックと、給水機の水を紙コップで5杯くらい。

今日は、10時くらいに酔っぱらって帰ってきて、今(現在午前4時半)までにエビアン2Lを一本飲みきってしまった。

そんな水好きとして気になる水がある。
最近「い・ろ・は・す」という水が、日本で人気らしい(という、ステルス広告っぽいものをみた)。

飲んでみたい。

日本で売っている水なら、南アルプスの天然水みたいな軟水も好き。


なんか、最近ブログ書いてなかったから、書き方忘れちゃったなー。

幸福を科学する

2009.08.14 *Fri
前回、ちょっと触れた幸福実現党ですが、確かに衆院選からの撤退を検討していたとの発表があったようです。
300小選挙区および11の比例代表ブロックすべてに候補者を擁立しようとしていましたが、小選挙区は、250程度になるようです。

撤退の理由及び、今後の方針として、自民党との連携を考えているかのような発言が出ていましたね。

幸福実現党のサイトにあるプレスリリースによると、
「自民党の大敗と民主党政権の実現を阻止するために、あえて身を引く」方針を検討していた、とあります。
本当はどうなんでしょうか。
二つ考えてみました。

① 自民党から打診があった?ケース
創価学会の集票力に助けられていた自民党が、「次は幸福の科学だ!」と、宗教団体の集票力に期待して、協力を打診 → 見返りに閣僚ポスト? → 自民内部からの反対があったのか、幸福実現党の中からの独立路線の主張が強かったかで、取りやめ
自民と連携すると、創価学会とも関連を持つことになります。しかし、創価学会と幸福の科学は仲がよくないとかなんとか、ネットでは書かれているのですが、どうなんでしょうねぇ。詳細は知りません。

②ひよったケース
7月12日の都議選の結果をおさらいしてみましょう。
公明と幸福実現党から出馬した候補者の得票数合計してみます。そして、それが全投票の何%だったかも計算してみます。

公明党: 743,428票 (13.9%)
幸福実現党: 11,676票 (0.2%)

うーむ。大川隆法総裁が出馬する東京でもこんなもんです。
党を立ち上げて初めての選挙ともなれば、相当気合を入れて、選挙運動したのではないでしょうか。それでも1.1万票程度。74万票も集め、全投票の14%も独占する公明党とは、集票力がかなり違います。

衆院選に立候補するには、小選挙区で300万円、比例代表で600万円の供託金が必要になります。
一定の得票数を得れば戻ってきますが、あまり票をとれないと戻ってきません。(売名行為防止のため)

幸福実現党の場合、11億円以上かかることになりますが、まさかそれが惜しかったってことはないだろうけど、どうなんでしょうねぇ。

ちなみに、マニフェストは、株価を2万円台に乗せるとか、消費税を廃止するとか、国民を3億人にするとか、そんな感じです。


いろんな学者とかが、「私が政党をつくったら、こんなマニフェストだ」みたいなのを発表すればいいのにな。

---------------------------------------------
追記(2009/8/15)

大川総裁と奥様が、出馬取りやめとのこと。
他党の候補者の中に幸福の科学の信者がいたことを理由にしているようです。対立するのはやっぱりまずいのか、総裁の落選はやはりまずいのか。
そして、ドクター中松はいつ議員になれるのか。彼も81歳であります。
「醤油チュルチュル」から始まって、育毛剤「まかしと毛」まで、彼のネーミングセンスには脱帽です。
話がそれたので、このへんで。

寒いロンドンから近況報告

2009.08.12 *Wed
2009年も下半期に入って、M&Aマーケットにもたくさんの面白い案件が出てきています。
日本国内もそうですが、海外ではM&Aマーケット復調の兆しが見えてきています。
様々な理由からくる再編気運の高まりもありますし、引き続き存在するファンドの投資意欲も後押ししています。
米国はかなりダメージを受けていますので、欧州を中心としたあたり、特に東欧、アジア、北欧などが面白いですね。

さて、衆議院選挙も近付いてきましたね。来週火曜日にはいよいよ公示です。
私も、在ロンドン日本国総領事館で、在外投票の手続きをしてきました。
選挙区は、日本の最終居住地となるそうなので、港区と同じ選挙区に投票することになります。

民主党の政権交代が実現しそうでしょうか。
民主党は、社民党、国民新党との連立政権を必ず作るという、既定路線でいくそうですが、社民党を政府に入れるっていうのはどうなんでしょうね。
安全保障政策の一貫性はないですし、経済政策もろくな政策が出てこなさそうですね。

しかし、今回の選挙で、政策を巡って争うようになったのはいいことだと思います。
後がない自民党が、政策なら勝てるかもと思ったのでしょうか。興味深いです。

自民党も、たまには野党を経験してみるのもいいかも。

あと、ドクター中松氏が比例名簿2番に担がれていた、幸福実現党が全面撤退ということですが、何があったのでしょう。創価学会/公明党に続く、二番目の巨大宗教政党が誕生なるのかと思いました。
いったい何が撤退の原因なのか興味深いです。

ロンドンは、気温20度~25度くらいの日が続いています。雨が降ると夜は寒いので、長袖を着るか、ジャケットを持ち歩くくらいの気温です。
日本の蒸し暑い夏が懐かしい。
寒いところより、暖かいところが好きです。

そんな最近。。。

プロフィール

Bond

Author:Bond
職業は悩めるインベストメントバンカー。ロンドンから帰国して早一年。日々M&Aなど行いつつ考えていることを、六本木からお送りします。F1が好き過ぎて、いつかチームオーナーになるのが夢。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ

東京ライフ (82)
ロンドンライフ (126)
ロンドン赴任準備 (2)
経済・金融・政治 (35)
投資銀行 (6)
未分類 (0)



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © 六本木より愛を込めて All Rights Reserved.
Font from あくび印  Designed by サリイ  |